専門職に就くために自分でも出来る学習方法

資格を取得するには?

労働安全衛生法に基づいた国家資格です

衛生管理者資格とは、国家資格です。 そしてそれは基本的に3種類あり、難易度、そしてその業務に適用できる用途の範囲が広いモノの順で、衛生工学衛生管理者資格、第一種衛生管理者資格、第二種衛生管理者資格の順に3種類あります。 そして国家資格でもあるので、それだけ難易度も高い資格です。 この資格は1966年に発令された資格で、適用される事業所や企業、病院などでこの人材を一名配置する事が望ましいモノとして現代でも引き続き続けられているモノです。 例えれば病院の例にありましたが、大きめの病院の院長が1人で衛生管理をするのは難しいです。 そして何より外科入院なども引き受けている病院などであるならば、食品衛生関係の現場でもこの人材などは必要になります。 その為、今でも需要が高い資格の1つとされています。

衛生管理者免許の資格を得る為には

国家資格ですので当然試験を経て、合格しなくてはいけません。 そして3種類ある様に、受験資格と受験内容もばらつきがあります。 衛生工学衛生管理者の資格は、大学を卒業しているか、工学や理学関係で修了が認められた高等専門学校卒業者が受験できます。 特定資格を保有している場合には一部の科目が免除される為、工学や理学を勉強してきた人達にとっては比較的容易な資格となっています。 ただし工学や理学を学んでこなかった人にはとても難しい資格でもあります。 そして第一種・第二種衛生管理者の資格については、此方は大学か短期大学、そして高等専門学校を卒業して、1年以上の労働衛生実務に従事した人が受験する事が出来ます。 もしくは10年以上労働衛生に実務従事した人が受けれます。 此方は看護師などの方々が取る事の多い資格です。 そして何より基本的に実務性を重視される為、その点に応じた試験内容の対策が必要となります。 試験の開催場所は工学と一種・二種とで違います。 もし、衛生管理者免許資格を取ろうと思った方は、その点を細かく調べて間違えたりしないように試験に望んで欲しいです。